スカイレンタカーの貸出・返却方法は?保険や補償はあるの?

スカイレンタカーは北海道と沖縄、九州、神奈川、四国、兵庫でレンタカーが利用できるサービスです!

車を借りるときの貸出・返却方法や注意点が知りたいですね。

また、スカイレンタカーで車をレンタルするときに保険や補償はあるのでしょうか?

今回は、スカイレンタカーの貸し出し・返却方法と車の保険や補償についてご紹介します!


スカイレンタカーの貸出・返却方法とは?

スカイレンタカーで車の貸出・返却方法と注意点についてご紹介します!

貸出方法

出典:https://www.skyrent.jp/

出発日には必ず「運転免許証」が必要です。

運転免許証を持っていない場合は貸出することができないので注意しましょう。

貸出時はレンタカーの補償内容や注意事項を確認し、貸渡契約書にサインをしてからレンタカーの代金を支払います。

また、スカイレンタカーでは「クイックチェックイン」が利用可能です!

出典:https://www.skyrent.jp/

クイックチェックインとは、事前にWEBからレンタカーに関する注意事項を確認することで、出発時の手続きを短縮できるサービスです。

WEBから確認できるレンタカーの注意事項をご紹介します!

①レンタカーの保険・補償内容

②事故をしたときの負担金

③レンタカー返却時の注意点

④レンタカーのオプション

⑤その他注意事項

どの項目もレンタカーを借りる際には大切なことなので、必ずすべての項目に目を通しましょう!

クイックチェックインの内容を確認後、WEBからプリントアウトして署名をした用紙を当日持参します。

出典:https://www.skyrent.jp/

「お客様控え」と「店舗控えの」2枚を印刷して右下に日付と署名を記入します。

レンタカー予約ページからクイックチェックインのページへアクセスできるため、予約後にクイックチェックインのページに進みましょう。

マイページまたはWEB予約ページからクイックチェックインをすると、システムが反映されるので用紙の印刷は不要です。

そのため、予約後すぐにクイックチェックインを行うかマイページからクイックチェックインを行うようにしましょう!

出発前にはスタッフと一緒に車のキズやへこみの有無を確認し、カーナビやオーディオの操作方法も確認することが必要です。

返却方法

出典:https://pixabay.com/

貸出時にガソリン満タンで渡されるため、返却時もガソリンを満タンにして返却しましょう。

燃料代金は自己負担となります。(満タン返し不要プランを除く)

返却時にスタッフと車にキズや凹みがないか確認しましょう!

以下の場合は別途支払いが必要です。

1.返却時間を超過した場合

到着時間が遅れる場合は必ず各地域の予約センターまで連絡しましょう。

超過料金が発生する場合、現金またはクレジットカードで支払いが必要です。

2.期間を延長する場合

レンタルする期間を延長したい場合は事前に各地域の予約センターまで連絡しましょう。

予約状況によっては期間を延長できない場合があります。

3.給油せずに返却する場合

給油をし忘れた場合や時間がなくて給油ができなかった場合など、給油をせずに返却する場合は走行距離によって料金が請求されます。

地域によって走行キロ換算料金が異なり、市場の給油価格よりも割高になるのでご注意くださいね。

スカイレンタカーには保険や補償はあるの?

出典:https://pixabay.com/

スカイレンタカーで車をレンタルするときに、どんな保険や補償があるのか知っておきましょう!

補償額

対人補償無制限(1名限度額)

対物補償:1事故につき無制限(車両補償免責額5万円)

車両補償:1事故限度額/時価(車両補償免責額5万円/TCクラス以上・マイクロバス/
免責額10万円)

人身障害補償:1名につき3,000万円まで

免責補償制度

<加入料金>

一般クラス

沖縄地区:1,500円/日

九州地区:1,300円/日

北海道地区:1,200円/日

関東・四国・兵庫:1,000円/日

TCクラス以上/マイクロバス

全ての地区:2,000円/日

上記は1日あたりの料金です。

数日利用する方は、利用する日数分の保険料が必要となります。

補償内容

・車両補償:5万円の支払い免除

・対物補償:5万円の支払い免除

免責補償に加入すると事故の際に自己負担となる「対物免責額5万円と車両免責額5万円(マイクロバスは10万円)が免除されます。

加入を希望する方は出発までに申し込みを行いましょう!

以下の事故は免責補償制度では補償されないので注意が必要です。

・タイヤのパンク/バースト:実費負担

・タイヤホイール/ホイルキャップの紛失・破損:実費負担

・飛び石などによるガラスのひび割れや破損:実費負担

・車内装備品の破損・損失(事故が原因のものを除く):実費負担

・ノンオペレーションチャージ:自走可能2万円/自走不可能5万円

ノンオペレーションチャージ

事故や盗難、故障などが発生し、車両の修理や清掃が必要になった場合、その間の休車補償です。

<加入料金>

一般クラス

沖縄地区:800円/日

九州地区:700円/日

北海道地区:800円/日

関東・四国・兵庫:1,000円/日

TCクラス以上/マイクロバス

全ての地区:1,000円/日

上記は1日あたりの料金です。
数日利用する方は、利用する日数分の保険料が必要となります。

補償内容

・自走可能:2万円支払い

・自走不可能:5万円支払い

注意点としてノンオペレーションチャージは免責補償対象外となります。

免責補償制度ワイド(あんしん補償ワイド)

出典:https://www.skyrent.jp/

あんしん補償ワイドは万が一事故に合った場合の負担金がない補償です。

ノンオペレーションチャージも補償されるのが特徴となっています。(自走可能2万円/自走不可能5万円)

あんしん補償ワイドなら以下の全てが補償対象です!

・タイヤのパンク/バースト:支払い免除

・タイヤホイール/ホイルキャップの紛失・破損:支払い免除

・飛び石などによるガラスのひび割れや破損:支払い免除

・車内装備品の破損・損失(事故が原因のものを除く):支払い免除

・ノンオペレーションチャージ:支払い免除

スカイレンタカーの保険は少ない金額で加入することができるため、レンタカーを借りる際はぜひ加入しましょう!

まとめ

スカイレンタカーの貸出・返却方法と保険や補償についてご紹介しました!

レンタカーの貸出を行う際は事前にクイックチェックインを利用すると手続きを短縮できるのでおすすめです。

車の返却時は基本的にガソリン満タン返しとなっており、ガソリンを入れずに返却すると走行距離分の料金を追加支払いする必要があるので注意しましょう。

スカイレンタカーでは1日あたり千円弱で保険に加入できるため、ぜひあなたもスカイレンタカーの保険に申込をして旅行を楽しみましょう!