スカイパックツアーズの搭乗手続きは?手荷物制限はある?

スカイパックツアーズはスカイマークが提供している国内ツアーを販売しているサービスです!

スカイマークを利用してスカイパックツアーズに参加する際、出発から帰りまでの搭乗手続き方法について知りたいですね。

また、預けることができる手荷物の重量や大きさについてもチェックしましょう!

今回は、スカイパックツアーズの搭乗手続きや手荷物の大きさについてご紹介します!


スカイパックツアーズの搭乗手続き方法とは?

出典:https://www.pakutaso.com/

スカイパックツアーズの旅行には「航空引換証」「旅行日程表」「オプションご利用券(レンタカーなど)」を必ず持参しましょう。

出発時と帰りの搭乗手続きについてご紹介します!

出発時の空港での手続き

フライトの出発時刻の120分前から20分前までに搭乗手続き場所案内所に案内されている、出発各空港のスカイマーク受付センターで搭乗手続きを行いましょう。

スカイマークの受付カウンターに「航空引換証」を提示すると、搭乗券が渡されます。

航空引換証は帰りに搭乗する際も必要となるため、紛失しないように気を付けましょう。

また、自動チェックイン機でもチェックイン手続きが可能です。

以下の空港では出発当日に空港カウンターの営業時間開始からいつでも搭乗手続きができます。(手荷物のお預けは搭乗手続き後)

羽田:朝4時50分~20時30分

札幌(新千歳):朝6時45分~21時

名古屋(中部):朝4時45分~16時5分

神戸:朝6時~19時45分

福岡:朝6時~21時15分

鹿児島:朝7時~20時30分

那覇:朝7時15分~22時

ペットや生き物など長時間預かるのに支障があるものは出発の2時間前からの預かりとなります。

帰りの空港での手続き

フライトの出発時刻の120分前から20分前まで「搭乗手続き場所案内」に案内されている各空港のスカイマーク受付カウンターで搭乗手続きを行いましょう。

スカイマーク受付カウンターへ航空引換証を渡し、搭乗券を受け取ります。

搭乗口へは20分前までに向かうようにしましょう。

旅行当日は往復どちらの航空券も空席の有無を問わず変更することはできません。

乗り遅れた場合は再度航空券を購入する必要があり、利用予定分の航空券の払い戻しもできないので注意しましょう。

航空会社の都合や天候による欠航や遅延の場合、スカイマークが代替え方法を提示します。

宿泊や交通費の追加費用が発生した場合は補償対象外になるので注意が必要です。

利用する航空券の座席指定は予約完了後から可能になります。

また、座席指定は搭乗日当日に空港で行うこともできます。

スカイパックツアーズで預けることが可能な手荷物とは?

出典:https://www.pakutaso.com/

空港で預ける手荷物がある方は、搭乗の20分前までに預けましょう。

手荷物を預ける場合は出発15分前までに保安検査を終了できるよう、早めに手荷物カウンターへ行く必要があります。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆、連休などの場合は混雑が予想されるため、出発30分前までには保安検査を終了できるように時間に余裕をもって行動しましょう。

スカイパックツアーズのスカイマークで預けることができる手荷物についてご紹介します!

機内お預け手荷物

・ひとり20㎏まで無料(重量上限:1個あたり32㎏/合計100㎏まで)

・超過手荷物料金:20㎏~100㎏までは10㎏ごとに1,000円

・サイズ:50㎝×60㎝×120㎝以内

・個数:制限なし

※貴重品や高級品、ガラス製などの割れやすい物、水漏れしやすいものは機内へ持ち込む

車いすやベビーカー、チャイルドシート、携帯用ゆりかごなどは無料です。

電子車いすは80㎏まで預けることが可能となっています。

機内持ち込み手荷

機内に持ち込みができる手荷物は身の回り品(バッグ、傘、カメラなど)と以下の条件に当てはまる手荷物1個です。

・容積:55㎝×40㎝×25㎝以内

・3辺の和:115㎝以内

・重量:10㎏以内

ナイフやハサミ、バット、先のとがったものなどは機内に持ち込みできないのでご注意くださいね!

まとめ

スカイパックツアーズの搭乗手続き方法とお預け・持ち込みできる手荷物についてご紹介しました!

旅行には必ず「航空引換証」「旅行日程表」「オプションご利用券(レンタカーなど)」を持参しましょう。

航空引換証はなくすと搭乗できなくなるため、帰りまでなくさないように大切に保管してくださいね!

スカイパックツアーズのスカイマークでは一人あたり20kgまでの手荷物を無料で預けることができるため、旅のお土産などで荷物が多くなった場合でも安心ですね!

ぜひあなたもスカイパックツアーズでお得な国内ツアーを予約しましょう!



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。